頭取ご挨拶


皆さまには、平素より北國銀行をお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

北陸新幹線の開業から1周年を迎え、首都圏や海外との交流が一段と進み、地域の賑わいが当行の営業エリアである北陸の地に広がりを見せております。また、当地はモノづくりの技術力が高く、観光資源にも恵まれ、芸術・文化・スポーツが盛んであり、産業全体のバランスに優れ、経済成長が期待されている地域であります。
当行はこの地域の賑わいを末永く持続していけますよう地域の皆さまと共に歩んでまいります。

真の顧客主義を目指して

我々を取り巻く環境が目まぐるしく変化していくと同時に、お客さまのニーズもますます多様化が進み、求められているものは高度化しております。このような中、当行はお客さまのニーズを的確に捉え、スピーディーに行動していくことが重要と考えております。お客さまとの接点を大切にし、常にお客さまの立場に立って共に考え行動し、お客さまから選ばれる銀行になれるよう取組んでおります。

地域の生産性向上の実現

当行は地域に根ざす銀行として、本来の銀行業務をしっかりと遂行することがCSR(企業の社会的責任)の原点であると考えます。
地方では少子高齢化や人口減少問題が避けられない課題であり、各地域で地方創生への取組みが進められております。
当行では地域の生産性向上を実現することが、地域を活性化させ、地域全体の課題解決につながるものと考えております。その実現に向け、コンサルティング機能の充実を図り、地域の各企業や自治体など個々の課題解決はもちろんのことキャッシュレス環境の整備など地域全体の課題解決を進めております。また、地元企業の海外進出を総合的にサポートするため、今年3月18日にシンガポール支店を開設しました。今後も地域の皆さまのさまざまなニーズにお応えできるよう努めてまいります。

当行は、「地域の発展なくして当行の発展はない」をモットーに、行員一人ひとり、そして組織全体で親しまれ愛される「北國ブランド」を確立し、地域への円滑な資金供給と共に地域の発展のためにさまざまな形で「地域磨き」に貢献してまいります。

平成28年4月
取締役頭取 安宅 建樹