企業理念・経営指針・倫理憲章・行動規範「20の心得」

「豊かな明日へ、信頼の架け橋を」企業理念 経営指針 倫理憲章

「豊かな明日へ、信頼の架け橋を」企業理念 経営指針 倫理憲章

企業理念

経営指針

倫理憲章

行動規範「20の心得」

基本原則

  • 1.お客さまや、上司・部下・同僚に対して気持ちの良い挨拶をし、感謝の気持ちを忘れません
  • 2.行内美化に目を配り、職場内の清潔感を常に保ち、自ら整理整頓、掃除に努め、気持ち良くお客さまをお迎えします

お客さま満足度向上に対して

  • 3.お客さまとの約束は必ず守り、曖昧な回答により、誤解をまねく言動はとりません
  • 4.お客さまとは積極的にコミュニケーションを図るとともに、お客さまのニーズを汲み取るよう行動します
  • 5.業務上のミス・トラブル・苦情等について速やかに相談・報告し、放置したり、独断で処理しません
  • 6.短期的な利益拡大のために、お客さまとの長期的な関係構築を犠牲にしません
  • 7.できない理由を言う前に、できるためにどうすれば良いのか、常に考えます

行員に対して

  • 8.お互いに対する気遣いを忘れずに、協力により組織が成り立っていることを理解します
  • 9.後進の成長なくして企業の発展がないことを十分に理解し、後進指導に取組みます
  • 10.お互いを仕事のパートナーとして尊重し、セクハラ・パワハラなどは、人間の尊厳を傷つける行為であることを認識して、これらを職場から排除します

自分自身に対して

  • 11.虚偽の報告や不実の記載、書類の改ざん等を行いません
  • 12.上司の指示・命令といえども、法令・規定を逸脱した行動をとりません
  • 13.情報管理の重要性を理解して、取扱には十分留意するとともに、整理整頓に努めます
  • 14.決して華美にならず、身の丈に応じた生活をします
  • 15.お客さまのお金や銀行の公費を決して流用しません
  • 16.飲酒運転は社会悪であり、これらの行為を決して許しません
  • 17.反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で対応します
  • 18.銀行業務のみならず、幅広い方面に興味を持ち、自己啓発に励むとともに、自己研鑽に努めます

社会に対して

  • 19.銀行員および個人として地域行事に積極的に参加し、地域社会とのコミュニケーションを図ります
  • 20.エネルギーと資源を節約して環境保全につとめます