中期経営計画「コミュニケーション×コラボレーション×イノベーション2021」について

 株式会社北國銀行(頭取 安宅 建樹)は、今後3年間(2018年4月1日~2021年3月31日)に取り組む、中期経営計画「コミュニケーション×コラボレーション×イノベーション2021」を作成いたしましたので、概要を下記の通りお知らせいたします。

1.計画策定にあたって

 2015年4月から取り組んでまいりました前中期経営計画「NEXT QCS'S」では、Q(クオリティ)・C(コスト)・S(スピード)・S(スマイル)をキーワードとし、各種施策に対してPDCAをスピーディーに回し、真のコンサルティング機能を発揮することで、地域全体の生産性向上など地域の発展への貢献を目指して取り組んでまいりました。

 この間の当行を取り巻く環境を振り返りますと、当地経済は北陸新幹線の開業効果が持続し、緩やかな回復基調が続きましたが、人口減少や高齢化は確実に進展しており、同業他社や異業種企業との競争の激化もあいまって、厳しい状況が続きました。

 当行では、「豊かな明日へ 、信頼の架け橋を ~ふれあいの輪を拡げ、地域と共に豊かな未来を築きます~」という企業理念のもと、地域における総合的な情報と金融サービスの提供を通じて、地域の皆さまと共に発展していくことを目指しておりますが、今一度この原点に立ち返ると共に、地域密着型金融を実践するべく、2018年4月から開始となる中期経営計画を策定いたしました。

2.名称について

中期経営計画「コミュニケーション×コラボレーション×イノベーション2021」

 企業理念の実現、地域密着型金融の実践に向けて、当行は地域に根差した銀行として、景気の良い時も悪い時も、個人・法人を問わず地域のお客さまと共に寄り添い、地域のお客さまあるいは地域全体の発展のために、総合的・多面的なソリューションを行う「次世代版 地域商業銀行」を中長期的に目指す姿として位置づけました。  

 そして、その実現のためのキーワードは「コミュニケーション」「コラボレーション」「イノベーション」の3つにあると考え、新中期経営計画の名称を「コミュニケーション×コラボレーション×イノベーション2021」といたしました。

・コミュニケーション…お客さまとのコミュニケーション、行内のコミュニケーションを深めることを常に意識します。
・コラボレーション…お客さまとの連携、行内の部署間の連携を更に深めていきます。
・イノベーション…社会の環境が大きく変化する中で、地域全体が発展していくためには地域の変革(イノベーション)も必要と考え、当行も各種取組みを通じて貢献します。

3.中期経営計画の概要

名称 コミュニケーション×コラボレーション×イノベーション2021
計画期間 2018年4月~2021年3月
コンセプト

目指す姿「次世代版 地域商業銀行」

お客さま目線を深化させ、行内および地域とのコミュニケーション・コラボレーションを深め、地域全体のイノベーションに貢献してまいります。

基本方針 伝統的銀行業務(預金、貸金、為替・決済)への取組み継続と、ここ数年の新しい取組み(カード、リース、コンサルティング)の更なる強化を基本方針として取り組んでまいります。

4.主なアクションプラン

・真のお客さま志向に基づくマーケティング営業の実践
・融資とリースのベストミックス体制の強化
・キャッシュレス社会の創出
・法人・個人コンサルティング営業の強化
・お客さま志向に応じたチャネル戦略
・海外ビジネスの取組強化

5.目標とする経営指標

2021.3目標

経常利益(連結) 125億円
税引後当期利益(連結) 80億円

新業務収益(単体)

<カード・リース・コンサルティング>

25億円
物件費・人件費(単体) 250億円台前半
自己資本比率(連結) 12%台後半

中期経営計画IRプレゼンテーション資料はこちら