イノベーション コンサルティング事例:2

事業承継事例

複数のグループ会社を持つ企業の事業承継

X社はグループ会社3社で構成されており、長年、自社株(評価)や第三者株主対策等、グループ全体の資本政策について悩んでいました。また、X社を親会社とした体制であるが、グループ各社の人材交流や配置等について有効に機能していませんでした。

当行は、オーナーとの面談を通じて課題を抽出し、「グループ資本構成の再構築」及び「従業員の経営参画意識の向上」に繋がる資本政策スキームを立案し、事業承継支援に取組みました。
具体的には、持株会社兼事業会社(以下、HD)の設立、HDへの株式の集約と全従業員の転籍や従業員持株会の設立等、幅広い分野において提携する専門家と連携し、スキーム実行支援を協業しました。
同時にHDの収支計画策定や株式買取資金と事情譲受資金も実行致しました。

本件を通じて、オーナーの悩みであったX社グループの資本関係が整理され、円滑な事業承継の支援だけでなく、従業員の雇用体制の見直しにより、経営体質の強化にも繋がりました。

事業承継コンサルティング活用のポイント

オーナー様にとって、事業承継は最大の関心ごとの一つです。
北國銀行の専門家がお客さまのお考え、ニーズに基づき、最適な課題解決策をご提案致します。

お問い合わせ