イノベーション コンサルティング事例

M&A事例

M&Aの活用により事業承継

株式会社X社様

当社(X社)は、中部陸運局の指定工場として地元企業の営業車両から大型トレーラーに至るまでの車検・整備、特殊用途車両の自主点検作業を行っておりました。
社長が高齢になり後継者問題を抱えていたところに、重い病を患い治療に専念する必要性に迫られていました。

一方で買収を検討していたY社は、運送業で自社のトラックの車検・整備を外注しておりましたが、X社を子会社にした場合、相乗効果(車検・整備の内製化によるコスト削減)が得られると考えられました。

X社買収と同時にY社がX社の借入金を全額引き継ぐこととなり、X社社長は借入金の連帯保証人から外れ、株式の売却代金と退職金も得ることが出来ました。

M&Aにより、X社社長は経営の重圧から解放され、安心して治療に専念することができました。
X社は従業員全員の雇用が継続され、既存の取引先に加えY社からのトラック整備が増加し、これまで以上に活気のある企業となることができました。

M&A活用のポイント

後継者問題は、企業の成長と永続にとって大きな問題です。
北國銀行の専門家がお客様のお考え、ニーズに基づき、最適な課題解決策をご提案致します。

お問い合わせ