ICT コンサルティング事例

グループウェア導入事例

ICT活用による業務効率化

株式会社アルパイン設計事務所様

当社は、社外の専属契約事務所を含めた“様々な個性を持つ技術者”が集まった設計事務所として、お客さまからのあらゆるご要望に応え、お客さまと共に社会に貢献できる企業を目指し続けております。

一方で、お客さまからの要望が急速に多様化していく中においても、従来からの他のグループウェアのスケジュール活用と紙資料による作業が中心であったため、社員全員の意思疎通や情報連携の不足、膨大に出力される紙資料による経費上昇、必要な資料をなかなか探し出せない非効率な状況に長い間、悩まされておりました。

そんな中、北國銀行の担当者、本部行員が親身になって相談に乗っていただき、「ICT活用による業務効率化」としての課題解決に向けた支援を実施していただくこととなりました。

具体的には、別拠点の社員も含めたスケジュールが一目瞭然となることで部門を跨いだ情報連携が活性化、電子化共有した図面なども横断検索でストレスなく入手、製図や検図の作業もペーパーレス化するとともに作業プロセスの見直しにより作業全体を格段に効率化することができ、作業の全体進捗管理までも可能になる予定です。

「見える化」「ペーパーレス化」「作業の効率化」が組織力を高め、真の生産性向上につなげることで、当社の企業理念である「鍛える」「応える」「進化する」も更なる進化を遂げると確信しております。

株式会社アルパイン設計事務所
代表取締役 西村 光也 様

ご感想(社長より)

北國銀行さまとのプロジェクトを通じ、組織力向上や生産性向上がいかに会社を発展させていくために重要であるか再認識させていただきました。会議ではまるで自分の会社の事のように議論を行ったり、時には当社の現状を厳しく評価していただく等、北國銀行の皆さまには本当に感謝しております。
本プロジェクトで学んだことを生かし、様々な問題にも、社員たちが協力して効率的に対処していく姿を目の当たりにし、社員たちを頼もしく思うことが増えました。
今後も課題に直面することがあると思いますが、北國銀行さまの力添えもいただきながら、成長を続け、社会に貢献できる企業を目指してまいります。

ICT活用のポイント

単にグループウェアを導入するという考え方ではなく、実際の業務に照らし合わせてグループウェアを具体的にどのように活用していくのか、「運用ルール」を策定して社員全員に分かりやすく浸透させていく体制づくりが大切です。

お問い合わせ