セキュリティについてHappy!ライン

インターネットのセキュリティ(フィッシング詐欺・スパイウェア対策)

  1. EV SSL方式での通信
    EV SSL方式とは、ネットスケープ社が開発した、インターネット回線を流れるお客さまの情報を、お客さまのパソコンのブラウザと当行のサーバー間で暗号化する仕組みです。現在一般に用いられている128ビット暗号化システムに加え、そのサイトの所有者が実際に存在する会社であるという証明書によりお客さまの情報を保護しております。このEV SSL方式はフィッシング詐欺やスパイウェアの侵入を防止します。
    「Happy!ライン」では、お客さまに安心してご利用いただくために、このEV SSL方式を採用しております。
    EV SSLの詳細はこちら

  2. ソフトウェアキーボード
    スパイウェアとは、フリーソフトやファイル交換等によりお使いのパソコンに侵入し、パソコンに保存されているユーザーの情報等(キーボードの操作履歴といった特定のデータファイル)を第三者に送信するなど、ユーザーに悪影響を及ぼすソフトウェアです。
    「Happy!ライン」では、ソフトウェアキーボードでログオンパスワード、可変パスワードをご入力いただくことにより、スパイウェアによるお客さまの大切なパスワードが外部に流出することを防止します。
    ソフトウェアキーボードの詳細はこちら

上記の通り「Happy!ライン」では、EV SSL方式の暗号化システムとソフトウェアキーボードを併用することで、セキュリティを高め、悪意の第三者による不正なサービス利用を防止します。

銀行のシステムセキュリティ(ファイヤーウォールシステム)

インターネットからの不正侵入を防ぎ、安心してご利用いただくため、銀行のコンピューターセンターでは、ファイヤーウォール等の不正侵入防止システムを設けて、インターネットからの不正なアクセスを防止しています。

サービスセキュリティ

  1. パスワード
    「Happy!ライン」にお申込みいただいたお客さまには、『ご利用カード』を発行させていただきます。サービスをご利用の際は、このカードに表示されている「ご契約者番号」を入力していただき、「ログオンパスワード」との一致によってご本人確認をさせていただいております。また資金移動などをご利用の際は、「お取引確認番号」を入力していただくことにより、さらにセキュリティを高めておりますので、安心してご利用いただけます。
  2. メール通知サービス
    Happy!ラインで取引いただいた内容を、ご登録のメールアドレスにリアルタイムで配信するサービスです。仮に不正利用の発覚を遅らせるため悪意の第三者がアドレスを変更したとしても、アドレス変更の際には、変更された旨の通知を「新アドレス」だけでなく「旧アドレス」へも配信し、不正なアドレス変更を早期に発見できるようになっております。
  3. アクセス環境の分析(リスクベース認証)
    リスクベース認証は、第三者のなりすましなどによる不正利用を防ぐためのセキュリティ対策です。
    インターネットバンキングにログオンする際のアクセス環境を分析し、お客さまが普段利用されているパソコン以外のパソコンで利用された場合など、通常と異なるご利用環境(端末情報等)と判断した場合、お客さま本人であることを確認するための認証(追加認証)を行うことで、不正利用を防止します。

お客さまへのお願い

外部に対するセキュリティについては上記の通り万全を期しておりますが、お客さまにおかれましては、内部に対するセキュリティを徹底していただくようお願いいたします。主な注意事項は以下の通りです。

  • ご利用カードはご契約者が責任をもって保管してください。
  • パスワードは他人に知られやすい電話番号・生年月日は使用せず、定期的に変更していただくなど、大切に管理してください。

関連情報

【重要】インターネットバンキングの不正利用にご注意ください

お問い合わせ

詳しくはお気軽にご相談ください

ご相談窓口資料請求お近くの店舗・ATM

お電話でのお問い合わせはダイレクトセンターへ

フリーダイヤル0120-680-069 携帯・PHSから076-220-6727

【受付時間】 平日 / 9:00~20:00(銀行休業日を除く)