保険の考え方

STEP1 どの部分を保険で備えるべきか

保険をすすめられるけど、保険はそもそも
どのような場合に入ればいいの?

保険はめったに起きないけど、起きたときに
経済的なダメージが大きい場合に備えて加入
すべきです。

STEP2 何の備えが必要なのか

じゃあ、保険で備えるってどうすればいいの?

保険はお客さまに万が一の場合に残された家族が
安心して生活できるように準備する必要がありま
す。

保険は万が一の時に仲間(保険契約者)を助ける「相互扶助」の精神で成り立っています。

たくさんの人が少しずつ公平にお金(保険料)を出し合って仲間になり、共有のおサイフ(保険会社が管理)にお金を貯めます。そして、仲間の誰かに病気やケガ、死亡など万が一のことがあったら、共有のおサイフの中からお金(保険金など)を出して助けます。
保険のしくみは、困ったときの助け合い(相互扶助)の精神で成り立っているのです。

保険の目的は「保障」であり、「貯蓄」ではありません。

STEP3 どのくらい保険で備えるべきか?

じゃあ、どのくらいの「保障」が必要なの?

まずは、公的保障と企業内保障について
確認した上で、民間の保険について検討
しましょう。

ではどのような保険に加入すればいいの?

北國銀行のおすすめプラン
関連情報