試合詳細

第41回 日本リーグ 第16戦

2017年2月25日(土)13:00~ マエダハウジング東区スポーツセンター(広島県)

ディフェンスから速攻で、開幕16連勝

  • 北國銀行
  • HC名古屋
  • 36
  • 13
  • 17 - 6
  • 19 - 7

先取点を奪われた後、2分に石野のカットインで同点、塩田の速攻も決まり、逆転に成功する。序盤は、後藤の速攻・ポスト等で得点を挙げるもののリードするに至らず、HC名古屋の粘り強い攻守の前に13分までは5対5と互角の展開。中盤以降はディフェンスの安定と寺田の好守で失点を抑えると、13分に塩田のカットインが決まり、チームにリズムが生まれる。大山のカットイン、横嶋の7mスロー、鰍場の2本のサイド、河田の速攻、角南のカットイン、大山の速攻で8連取して、混戦を抜け出す。終盤にも後藤・鰍場・永田・河田の4連続速攻で締めくくり、17対6で前半を終える。

後半立ち上がりも勢いをそのままに、横嶋の7mスロー、角南のカットイン、塩田・角南の速攻も決まり、21対6とリードを広げる。7分に横嶋のカットインで23対7としたが、HC名古屋の積極的なディフェンスの前にミスを連発して、4連続失点を喰らう。12分までに24対12とされたが、再びスパートをかける。横嶋のポスト、鰍場のサイド、鰍場・後藤・佐々木の速攻、更に佐々木の7mスロー、河田のカットイン、角南の速攻と8連取する。1点返された後、大山のカットイン、河田・角南の2連続サイドで4連取して、36対13で試合終了。開幕から続く連勝を16に伸ばした。

角南 8点、鰍場 5点、塩田・後藤・横嶋(7m 2点)・河田 各4点

大山 3点、佐々木(7m 1点) 2点、石野・永田 各1点

< 試合一覧にもどる